カテゴリー「その他」の記事

2017年5月31日 (水)

チタン

 チタン(Ti)は原子番号22の金属元素だ。原子番号13のアルミニウムより重いが、原子番号26の鉄より軽く、強度にすぐれ腐食にも強い。このような性質から、過酷な使用環境に置かれる航空機やF1マシンなどにも使われているが、メガネフレームといった身近なところでも使われている(当然高いけど)。ぼくも昔、腕を複雑骨折した際、チタンプレートで骨をつなげたことがある。あのときチタンには世話になった。そのチタンでつくられたサスギャラリーのタンブラーは、真空二重構造のため熱が伝わりにくく、保冷・保温性がとても高い。これにウイスキーを注ぎ、某筋から入手した南極の氷を浮かべると、最高においしい。

Img_0004

2016年7月 9日 (土)

SONY VAIO VGN−TZ50B

 ぼくは20年来のMacユーザーなので、Windows PCはまったく使うことがない。しかし、困ったことが一つある。天文ソフトの多くはWindows版で、特に赤道儀の自動導入ソフトにはMac版がないのだ。今は30年くらい前に購入したタカハシ スペースボーイ赤道儀を使っているが、近いうちに自動導入赤道儀を購入しようと思っているので、そのうちどうしてもWindows PCが必要になる。幸い、2007年発売のSONY VAIO VGN−TZ50Bをもらったので、これを活用しようと思っているが、いろいろ調べてみると、どうも心許ない。そもそも、この機種は、動きが遅いので有名なようで、実際初めて起動したときはあまりの遅さに驚いた。どうやら、Windows Vistaとの相性が非常に悪かったらしい。Windows 7をクリーンインストールしたところ、少しは速く動くようになった。とはいえ、10年前のモデルなので、使い物になるかどうかは不明だ。せめてインテルCeleron MプロセッサーをCore 2 Duoプロセッサーにアップグレードした方がいいのかもしれない。秋葉原に行ってみようっと。

Pop_pht_vgntz50b

2016年6月11日 (土)

Apple TV

 Apple TVは2006年に登場したセットトップボックスという機器で、これを使うとiTunesのビデオをテレビで観ることができる。iTunes Storeでは映画のレンタルもやっているので、レンタルショップに行かなくてもネットで映画をレンタルしてテレビで観ることができるということだ。これは大変便利で、Apple TVを買ってからレンタルショップに行くことがなくなった。しかし、最近なぜかiTunes Storeで映画をレンタルできなくて困っている。というわけで、何年ぶりかでレンタルショップに行ったら、やはり品揃えはレンタルショップの方が上だった。特に、前から観たいと思っていた映画「デューン/砂の惑星」を見つけたのはうれしかった。たまには外に出よう。

Appletv

2016年6月10日 (金)

iPad mini4

 2010年に登場したiPadはその後、iPad ProやiPad Air、iPad miniといったいくつかのモデルがラインアップされていく。単純にいうと大中小ということだが、手軽に持ち運びできるのはやはりiPad miniだ。最新モデルiPad mini4はRetinaディスプレイを備え、これまでのディスプレイよりずっときれいになった。iPadにはWiーFiモデルとWiーFi+Cellularモデルがあるが、最近は公衆無線LANもだいぶ普及してきたので、ぼくはWiーFiモデルを使っている。もちろん、公衆無線LANがない場所では使えないが、そのときはまわりの景色でも楽しもう。

Ipadmini4

2016年6月 9日 (木)

iMac(Intel Core i5)

 ぼくが現在、仕事で使っているのが2012年発表のiMac(Intel Core i5)だ。iMacのマイクロプロセッサはCore Duo→Core 2 Duo→Core i5/i7と進化してきて、上位機種にはRetinaディスプレイモデルもある。一方で、2012年モデルからは光学式ドライブがなくなってしまったので、別売りのUSB SuperDriveかなんかを買わなければならない。まあ今どき光学式ドライブがなくても困ることはことんどないが。コンピュータは今後、時計型や眼鏡型、さらにはコンタクトレンズ型といったウェアラブル端末が大きく進化していくんだろうが、iMacのようなデスクトップ型もずっと残るんだろうか。

Imac3

2016年6月 8日 (水)

MacBook Air

 2008年、アップルは世界で最も薄いノートブックコンピュータ MacBook Airを発表した。ぼくが買ったのは2012年のIntel Core i7搭載モデルで、とても軽量なので重宝している。処理速度もMac miniより速いので、ストレスなく使える。ただ、2年くらいしてから、ディスプレイに縦線が1本入るようになってしまった。当然気になることは気になるが、たぶん修理に出すと高額な費用がかかるので、気にしないようにしている。これさえなければ言うことなし、なのだが。

Macbookair

2016年6月 7日 (火)

Mac mini

 2005年に発表されたMac miniは、ディスプレイもキーボードもマウスも付属せず、最も安いので6万円台という割り切ったモデルだ。ぼくが買ったのは2011年のIntel Core i5搭載モデルで、いまも自宅用として使っている。とてもコンパクトなので、本体は簡単に持ち運びできるが、本体だけ持ち運んでもしょうがないので、実際にそんなことはしていない。最近は処理速度の遅さが目立ってきたので、ニューモデルに買い換えたいとも思っているが、Mac miniは進化のスピードがあまり速くないので、がまんして使っている。まあとにかく安いのがいい。

Macmini

2016年6月 6日 (月)

iPad

 2010年、アップルはそれまでのMacとはまったく別のコンピュータを発表する。アップルいわく「魔法のような革新的デバイス」、iPadだ。iPadは発表と同時に人気爆発、新しもの好きのぼくもすぐに注文した。キーボードを捨て、タッチパネルのシンプルな操作でMacと同じようなことができるというのは、まさに革新的だ。アップルは1992年、ニュートンというPDA(携帯情報端末)を製造していたが、これは成功したとは言えなかった。時代を先取りしすぎていたのかもしれない。そういう意味では、iPadはニュートンが昇華したものだとも言えるだろう。iPadはその後、毎年のようにニューモデルが登場、ぼくが買った初期型はあっという間に時代遅れにされた。iOSは現在9に進化しているが、初期型iPadはiOS 5で止まってしまったのだ。まったく進化のスピードは速い。

Ipad

2016年6月 5日 (日)

iMac(Intel Core 2 Duo)

 ぼくがインテル製マイクロプロセッサ搭載のiMacを買ったのは2008年、Intel Core 2 Duo採用の20インチモデルが最初だった。筐体はそれまでのポリカーボネートからアルミに変わり、よりクールになった。この頃Mac OS Xのバージョンは10.5だったが、翌年には10.6が登場、これはIntel Mac専用で、PowerPCはついに見捨てられてしまった。20インチモデルとなると映画鑑賞にも十分なので、これを買ってからMacで映画を観ることが増えた。まだSuperDriveも内蔵していたし。このiMacも5年近く使ったが、最後はモニタがやられたのでお役御免となった。

Imac2

2016年6月 4日 (土)

MacBook

 2006年、アップルはついにインテル製マイクロプロセッサIntel Core Duoを搭載したMacを発表する。iBookはMacBookと名前を変え、上位機種としてMacBook Proがラインアップされた。CPUは変わったが、外見はそれまでのモデルと大きく変わらなかったので、特に違和感はなかった。ぼくはそれまでiBook G3を5年も使っていたが、さすがに時代について行けなくなってきていたので、早速MacBookに飛びついた。前のiBookもそうだったが、この頃ノートパソコンを使うのは地方出張とか北海道に帰省するときぐらいで、使用頻度も少なかったので、MacBookも6年使った。ただ、ボディが変色したりひび割れが入るというトラブルが多かったようで、ぼくのもやはりそうなった。

Macbook