2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー「その他」の記事

2020年1月20日 (月)

ルーメナー

 久しぶりにヨドバシカメラに行ったら、キャンパーに人気のLEDランタン ルーメナーが山積みになっていた。LEDライトの明るさを表すのにルーメンという単位が使われるが、ルーメナー7というモデルは最大1300ルーメンという明るさだ。単1乾電池3本を使うマグライトLEDが625ルーメンだから、ルーメナーの明るさが想像できるだろう。天体写真撮影の機材の設置や撤収の際、真っ暗闇の中なので当然ライトを使うのだが、ルーメナーがあるとよさそうだ。

51godfsv5pl_ac_sl1080_

2020年1月15日 (水)

Windows 7

 Windows 7のサポートが終了した。ぼくはMacユーザーだが、自動導入赤道儀やオートガイダーのソフトはWindows用なので、Windows PCもやむなく使っている。そのうち1台は2007年発売のソニーのVAIOで、OSはWindows 7だ。13年前のモデルなのでバッテリーが消耗していて、常にACアダプタから電源を取らなければならないが、それ以外は支障はない。天体写真撮影以外には使用しないので、まだしばらく現役でいけるんじゃないだろうか。一応、中古で買った東芝dynabookもあり、Windows 10が入っているが。しかし、夜中の野外で操作するには、やはり慣れ親しんだMacがいいんだけどなぁ。

71q2q5r819l_ac_sl1500_

2020年1月10日 (金)

macOS 10.15 Catalina

 macOS Catalinaの完成度の低さは相変わらずだ。3ヶ月経ってもちゃんとしたアップデータが出ないというのは、非常に深刻だ。アップル社はかつて、スティーヴ・ジョブズ追放後業績が悪化、Macintoshもいろんなモデルが乱立したり、OSが不安定な時期もあったりしたが、もしかして同じことを繰り返すのだろうか。そんなことになっては困るが。しょうがないので、仕事で使うiMacはMojaveに、Mac miniとMacBook AirはHigh Sierraにダウングレードした。しかし、MojaveもHigh Sierraもときどきカーネルパニックを起こすので、安心はできない。思い起こせば、Office 2016 for Macを入れたあたりからカーネルパニックが発生するようになったと思うが、原因はわからない。とにかく、早く安定したアップデータを出してほしいもんだ。

Macoscatalinaupgradehero

2019年12月11日 (水)

macOS 10.15 Catalina

 10月8日にリリースされたmacOS 10.15 Catalinaには、この2ヶ月間大いに苦しめられた。かつてないほど完成度が低く、トラブルが続出するので、1日に何度も再起動させられていた。10.15.1アップデータもリリースされたが、症状はまったく改善されなかった。ようやく10.15.2アップデータがリリースされたが、トラブル解消を強く期待している。

Maccatalina

2019年11月29日 (金)

ストリングライト

 クリスマスが近づき、街ではイルミネーションが目につくようになってきた。子どもがいる家庭などではクリスマスの飾り付けも始めているかもしれないが、こういうときにいい雰囲気が出るのがストリングライトだ。このストリングライトは、電球の中に星の模様が浮かび上がっているが、星形のライトが入っているのではなく、球体の内側に溝をつけることで光を反射させているのだそうだ。五芒星(ペンタグラム)ならもっとよかったが、構造上できないのかな。単3電池かモバイルバッテリー、さらにはACアダプタを使えば家庭用コンセントからも電源が取れるので、窓にでもぶら下げておくといいだろう。

172701aa

2019年11月28日 (木)

サンタランドツリー

 北海道広尾町は、十勝管内最南端の町だが、浦河町やえりも町から向かうと十勝管内最初の町なので、日高の人間から見ればなじみ深い町だ(余談だが、広尾町に最も近い集落がえりも町の目黒というところで、東京に来たとき、東京でも広尾と目黒は隣なんだなぁと思った)。その広尾町には、サンタの故郷ノルウェーが認定した日本で唯一のサンタランドがある。ひろおサンタランドはクリスマスが近づくとイルミネーションでライトアップされるが、クリスマスツリーも販売している。ツリーは北海道によくあるアカエゾマツで、サンタランドで種から5〜7年の歳月をかけて育てたものだそうだ。クリスマスが終われば自宅に植えてもいいが、育てる自信がなければ、サンタランドに送り返すことができる。送り返されたツリーは、子どもたちがサンタランドに植樹するそうだ。

Santalandtree

2019年11月22日 (金)

Amazon Echo Flex②

 スマートスピーカー(AIスピーカー)Amazon Echoシリーズの最新モデルAmazon Echo Flexは、上位モデルにはないちょっとした機能がついている。本体下部に便利なアクセサリを接続できるのだ。すでにナイトライトとモーションセンサーの2つがラインアップされている。もちろんこれも音声操作できるので、「ナイトライトつけて」などと声をかければいい。モーションセンサーは、何か動きがあったときに定型アクションを自動的に作動させることができるので、玄関に入ったらリビングのライトをつけるなんてことも可能だ。

Img_0519

2019年11月21日 (木)

Amazon Echo Flex①

 スマートスピーカー(AIスピーカー)Amazon Echoシリーズの最新モデルAmazon Echo Flexが発売された。これまでの製品とはまったく違う形で、コンセントに直接差し込むコンパクトなモデルだ。価格も2980円と最安値だ。できることは上位モデルとほとんど一緒で、声をかければAIアシスタントAlexaがいろいろやってくれる。すでに他のモデルを使っている場合、2台目として使うのにいいだろう。玄関や廊下、階段なんかにセットしておくといいかも。

Img_0518

2019年11月14日 (木)

macOS 10.15 Catalina

 10月8日にリリースされたmacOS 10.15 Catalinaの完成度がどうにも低くて困っている。バージョン10.15.1がリリースされたので、仕事で使っているiMacもCatalinaにアップデートしたのだが、10.15も10.15.1もトラブルが多く、しょっちゅう再起動している。深刻なのは、数時間使うとメモリ不足という警告が出て、おそろしく動きが遅くなることだ。メモリを増やそうにも増やせないので、根本的な解決方法はなく、いちいち再起動するしかない。OSがアップデートされるたびにトラブルが発生するのはよくあることだが、今回のトラブルは近年稀に見る深刻さだ。デベロッパー向けには10.15.2 Betaがリリースされたが、早いとこ正式版をリリースしてトラブルを解消してほしいもんだ。

Apple_macoscatalinaavailabletoday_100719

2019年11月13日 (水)

AIアシスタント④ Cortana

 AIアシスタントが急速に普及している。マイクロソフトのCortana(コルタナ)は、Windows 10などに搭載されたAIアシスタントだ。SiriやAmazon Alexa、Google アシスタントには純正のスマートスピーカーがあるが、Cortanaにはハーマン・カードン製のInvoke(インヴォーク)というスマートスピーカーがあるそうだ(日本では未発売?)。しかし、マイクロソフトといえどもCortanaの普及には苦戦しているようで、CortanaとAmazon Alexaの相互連携が進んでいる。

Windows_cortana_v20_1920_launchcortana_i

より以前の記事一覧