2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー「音楽、映画、読書」の記事

2020年9月14日 (月)

ゴールド

 3代目007ロジャー・ムーアが主演し、007シリーズ制作スタッフが手がけた映画「ゴールド」は、実際に起こった事件をもとにした物語だそうだ。南アフリカにある世界最大級の金鉱である日、崩落事故が発生、現場の総監督をはじめ多数の死傷者を出す。専務のスタイナーは後任にロドニー・スレーター(ムーア)を抜擢するが、この裏には、大がかりな陰謀があった。実は、事故はある国際的なシンジケートが仕組んだもので、スタイナーはその一味だったのだ。スタイナーらは故意に事故を起こし、さらに大きな事故で金鉱を水没させようと企んでいた。事故によって金鉱の株価が暴落し、金価格が急騰することを見越して、巨額の利益を得ようというのだ。そうとは知らぬスレーターは総監督を引き受け、さらには金鉱オーナーの孫娘であるスレーター夫人に夢中になってしまう。というわけで、007とは立場が変わっても、プレーボーイぶりはまったく一緒だ。

51v3wcs14vl_ac_

2020年9月12日 (土)

ザ・バットマン

 来年公開予定の映画「ザ・バットマン」の予告映像が公開されている。本作はバットマン=ブルース・ウェインの若き日の姿を描いた物語ということで、どのような作品になるのかおおいに楽しみにしている。1989年の映画「バットマン」以降、バットマンを演じた俳優はマイケル・キートン、ヴァル・キルマー、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベール、ベン・アフレックの5人がいるが、本作ではイギリスの俳優ロバート・パティンソンがバットマンを演じる。パティンソンは、映画「ハリー・ポッター」シリーズにも出演しているが、売れっ子俳優のようだ。バットマンシリーズには個性的なヴィラン(悪役)がたくさん登場するが、本作でもペンギン、リドラー、キャットウーマンの登場が予定されている。ゴッサム市警のジェームズ・ゴードンを演じるのは、007映画でCIAのフェリックス・ライターを演じるジェフリー・ライトだ。それにしても、あのみにくい姿のペンギンをコリン・ファレルが演じるとは、いったいどのような特殊メイクを施すのだろうか。

Tt

2020年9月 8日 (火)

ペイド・バック

 第2次世界大戦後、ホロコーストに関与したナチス幹部に対する厳しい追及が行われた。中でも有名なのは、アルゼンチンに潜伏していた親衛隊将校アドルフ・アイヒマンが、イスラエル諜報特務庁(モサド)に捕らえられた事件だろう。ヘレン・ミレン主演の映画「ペイド・バック」は、ナチス幹部を追うモサド工作員の活躍を描いた物語だ。モサドの工作員だったレイチェル(ミレン)とその夫ステファン・ゴールド(トム・ウィルキンソン)は、ナチスで人体実験を繰り返していた医師ディーター・フォーゲルを暗殺、祖国の英雄として尊敬されていた。2人は30年前、デヴィッド・ペレツを加えた3人のチームで東ベルリンに潜入、フォーゲルを見つけ出し、イスラエルに連行しようとするが、抵抗されたため、レイチェルが射殺したのだ。ここで物語は、30年前の東ベルリンへと巻き戻され、若きレイチェル・シンガー(ジェシカ・チャステイン)とステファン、そしてデヴィッド(サム・ワーシントン)の回想シーンが展開される。そして明らかになる、30年前の秘密。というわけで、祖国の英雄のはずの3人の苦悩も明らかになる。俳優陣も有名映画に出演している俳優ばかりで、緊迫感ある物語だ。

810bu16nkdl_ac_sl1407_

2020年9月 7日 (月)

女は二度決断する

 10年ほど前、ドイツでネオナチによるトルコ系移民連続殺人事件が明らかになり、ネオナチと警察や情報当局との不透明な関係が浮上して大きな政治問題となったそうだ。ドイツの映画「女は二度決断する」は、そのような事件を下敷きにした物語だ。ハンブルクで夫のトルコ系移民ヌーリ、息子ロッコと暮らすドイツ人女性のカティヤ(ダイアン・クルーガー)。ヌーリはかつて、麻薬ビジネスに手を染めていたが、いまは更生し、まじめに働いていた。ある日、カティヤがヌーリにロッコを預け、外出したところ、ヌーリのオフィスが爆破されてしまう。やがて容疑者2人が逮捕され、裁判が始まるが、カティヤにとっては耐え難い展開となっていく。日本でも、犯罪によって苦しめられた被害者やその家族が、その後他の要因で二重に苦しめられるという痛ましい事件が散見されるが、こんなときでもカティヤの最後の決断が全否定されるべきなのか、意見が分かれるところだろう。

81vdq7dz35l_ac_sl1500_

2020年9月 1日 (火)

死刑台のエレベーター

 マイルス・デイヴィスが音楽を担当した映画「死刑台のエレベーター」は、フランス ヌーベル・ヴァーグ初期の代表作の一つだ。パリの高層ビルにある土地開発会社に勤めるジュリアン・ダヴェルニエ(モーリス・ロネ)は、社長夫人のフロランス・カララ(ジャンヌ・モロー)と愛人関係にあった。2人は社長を自殺に見せかけて暗殺する完全犯罪を計画、ダヴェルニエは首尾よく実行する。しかし、侵入用ロープを置き忘れ、現場に戻ろうとしたところでビルの電源が切られ、エレベーターに閉じ込められてしまう。しかも、ダヴェルニエのクルマが不良少年に盗まれ、挙げ句の果てにその不良少年は、ダヴェルニエの名をかたって殺人を犯してしまう。姿を消したダヴェルニエを探して、夜のパリをさまようフロランス。マイルスのトランペットが、パリの暗闇に響き渡るのが実に印象的だ。

51fj5keny5l_ac_

2020年8月17日 (月)

エリカ&パトリック事件簿 踊る骸

 スウェーデンのミステリー作家カミラ・レックバリ は、「スウェーデンのアガサ・クリスティ」とも呼ばれる人気作家だ。代表作「エリカ&パトリック事件簿」は、作家のエリカと刑事のパトリックが難事件に挑むシリーズで、ドラマ化もされている。映画化された第5作「踊る骸」は、エリカの母親にまつわる忌まわしき過去を解きほぐす物語だ。出産したエリカを見舞った両親が、その直後、交通事故で悲惨な死を遂げる。数ヶ月後、エリカは両親の家に移り住むが、そこに見知らぬ男が現れる。男はエリカの母親が自分の母親、すなわちエリカの兄だというが、エリカは当惑して追い返す。そして数日後、兄を名乗る男の死体が発見される。母親の日記とナチスの勲章をみつけたエリカは、真相を探り始めるが、関係者とおぼしき人物が次々と殺されていく。というわけで、次第に母親の秘密に迫っていく展開だが、第2次世界大戦中のスウェーデンとドイツ、ノルウェーの関係が背景にある。スウェーデンは、ナチス・ドイツに常に脅かされながらも、中立国という立場を死守した。
81e86zi71l_ac_sy879_

 

2020年8月16日 (日)

探偵クレア 白蘭の女

 オリヴィア・サールビー主演の映画「探偵クレア 白蘭の女」は、謎めいた展開が続く物語だ。カリフォルニア州である日、女性のバラバラ遺体が発見される。「白蘭事件」と名付けられたこの事件の捜査は難航、有能な女性探偵クレア(サールビー)に調査の依頼が持ち込まれる。遺体には「ジュリエット」という身分証明書があったが、これは偽造であり、身元もわからない。クレアは「ジュリエット」の豪邸に入り、調査を始めることにした。というわけで、警察もまったくつかめなかった真相にクレアは近づいていくのだが、その過程で、「ジュリエット」になりきろうとしていくクレアの変身ぶりが見物だ。

81cuhgdvhfl_sx300_

2020年8月 9日 (日)

メカニック:ワールドミッション

 ジェイソン・ステイサム主演の映画「メカニック」の続編「メカニック:ワールドミッション」は、凄腕の殺し屋アーサー・ビショップ(ステイサム)に迫る危機を描いた物語だ。ビショップはその後殺し屋をやめ、誰にも知られずリオデジャネイロで平和な日々を送っていた。しかし、そこにかつての仲間クレインから強引に仕事の依頼が舞い込んでくる。ビショップとクレインとは少年時代からともに暗殺者として育てられたが、ある事件をきっかけにクレインはビショップに強い恨みを持つようになっていた。クレインの依頼を断り、タイに向かったビショップは、昔なじみのメイ(ミシェール・ヨー)のコテージに潜伏することにした。しかし、そこにもクレインの手が伸び、ジーナ(ジェシカ・アルバ)という女性を送り込まれる。ジーナは恵まれない子どもたちのための慈善事業をしていたが、仲間や子どもたちを人質に取られ、クレインの言いなりになっていた。無関係のジーナを人質に取られたビショップは、やむなくクレインの依頼に応じることになった。クレインの依頼は、武器商人3人の暗殺だった。というわけで、殺し屋稼業を再開したビショップのプロフェッショナルな仕事ぶりがまたもや展開される。ターゲットの1人である大物武器商人はトミー・リー・ジョーンズが演じているが、なんかちょっと珍妙な出で立ちだ。

91hq521s8ll_ac_sl1500_

2020年8月 7日 (金)

メカニック

 チャールズ・ブロンソン主演の映画「メカニック」は、凄腕の殺し屋アーサー・ビショップの活躍を描いた物語だ。ビショップの仕事ぶりは精密機械のように正確で、用意周到に準備を行い、事故や病死に見せかけて鮮やかにターゲットを抹殺する。この映画をリメイクしたのが、ジェイソン・ステイサム主演の映画「メカニック」だ。ある日ビショップは、組織からハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)を暗殺するよう指令される。マッケンナはビショップの師であり友人だが、組織を裏切って5人がそのために死んだというのだ。ビショップは逡巡するが、やむなくマッケンナを暗殺する。そしてマッケンナの葬儀の際、ビショップは息子のスティーブ(ベン・フォスター)と出会う。スティーブは父親とは不仲だったが、父が殺されたことには憤りを感じていて、ビショップに弟子入りを志願する。やがて、ビショップはスティーブとコンビを組んで仕事をするようになっていく。という展開だが、ビショップの仕事ぶりはゴルゴ13に通じるものがあり、まさにプロフェッショナルという名にふさわしい。

81pkotqor6l_ac_sl1500_

2020年8月 3日 (月)

INFINI/インフィニ

 近未来、人類の大多数が貧困にあえぐ格差社会となっていた。一方、遠くの惑星まで人間を転送する技術「スリップストリーム」が開発され、高い致死率とデータ汚染という問題がありながらも、貧困層から脱出したい人々が他の惑星での危険な仕事に従事していた。そんな中、ウィット・カーマイケル(ダニエル・マクファーソン)も、身重の妻リサのために、出稼ぎに出ることを決意する。しかし、カーマイケルが転送された銀河系で最も遠くにある危険な惑星インフィニで異常事態が発生、カーマイケル以外は全滅してしまう。やがて地球からレスキュー隊が送り込まれるが、生き延びたカーマイケルが語ったのは、作業員たちを死に追いやった恐るべき感染症だった。そして、レスキュー隊もまた次々と謎の感染症にかかって発狂、味方同士の殺戮が始まる。という展開だが、いや〜、宇宙にはいろんな生物がいるもんだ。

A1a9jl1gl_ac_sl1500_

より以前の記事一覧