カテゴリー「音楽、映画、読書」の記事

2017年6月22日 (木)

野生の証明

 ひかりTVで映画「野生の証明」をやっていたので久しぶりに観た。当時、角川映画第2弾として大々的に宣伝していたので、ぼくも映画館まで観に行った。高倉健主演だが、これが薬師丸ひろ子映画デビュー作であることは言うまでもない。町田義人が歌う主題歌「戦士の休息」のレコードも買ったっけ。健さん演じる味沢岳史は、自衛隊特殊工作隊の優秀な隊員だったが、特殊工作隊というのは、反体制的な日本人を監視する特殊部隊だった。当時は、まだあさま山荘事件の記憶も生々しかった時代だ。しかし、味沢は東北地方の山中で訓練中、寒村で発生した村人惨殺事件に関与したため、特殊工作隊を除隊する。その後、ただ一人生き残った長井頼子(薬師丸ひろ子)を引き取り、福島県羽代市という地方都市で保険外交員として普通の生活を送るが、羽代市は大場一成(三國連太郎)が牛耳る暗黒街だった。というわけで、味沢と頼子、新聞記者の越智美佐子(中野良子)以外はほとんど悪者なのだが、あらためて見直すと、日本を代表する豪華俳優陣がゾロゾロ出ていたんだなぁ。戦車やヘリコプターが登場する戦闘シーンはアメリカで撮影されたそうで、これは相当な制作費がかかっただろう。

81lbgqclkkl_sl1500_

2017年6月20日 (火)

ウルヴァリン:SAMURAI

 映画「XーMEN」シリーズの「ウルヴァリン:SAMURAI」は、ウルヴァリンことローガンを主人公とするスピンオフ作品第2弾だ。カナダの山奥でひっそりと暮らすローガン(ヒュー・ジャックマン)だが、自らの手で殺した最愛の女性ジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)の悪夢にうなされる日々が続いていた。そんなある日、ローガンの前に日本から来た謎の女性ユキオが現れる。ユキオは、かつてローガンが長崎で助けた青年将校 矢志田市朗の使者として、ローガンを日本に連れて行く任務を帯びていた。東京に着いたローガンは矢志田と面会するが、矢志田は病で死の床にいた。そして矢志田の死によって、日本を代表する大企業 矢志田産業の後継者争いが発生、ローガンも巻き込まれてしまう。というわけで、矢志田の長男 信玄(真田広之)とその娘 真理子、ヤクザや忍者が入り乱れた大乱戦が勃発する。日本人が見るとう〜んというシーンも多いが、映画なのでそこはあまり突っ込まないように。

51k7oqutbrl

2017年6月15日 (木)

坂東市本 将門記

 平将門が本拠地を置いた現在の坂東市の坂東郷土館ミューズでは昨年秋、最新の研究成果を踏まえて作成した「坂東市本 将門記」の企画展を開催したそうだ。残念ながら気づかなかったが、企画展で展示された資料は冊子にまとめられ、いまも販売している。坂東郷土館ミューズは、旧岩井市と合併して坂東市となった旧猿島(さしま)町にあり、天体観測ドームも備えている。将門ファンで天文ファンのぼくにとっては実にうらやましい施設だ。

Img_0462

2017年6月14日 (水)

ザ・コア

 地球は磁気を帯びている。これを地磁気というが、その原因は地球内部の構造にある。地球内部は、地殻、マントル、外核、内核という構造になっているが、このうち外核は鉄やニッケルの液体でできていて、ここに電流が流れ、磁場を発生させていると考えられている。現在、S極は北極の近く、N極は南極の近くにあるが、ときどきこれが逆転したことが、いろいろな証拠によってわかっている。千葉県市原市には77万年前に地磁気逆転が起きたことを示す地層があり、その時代を「チバニアン」と名付けようという動きも出ている。映画「ザ・コア」は、地球の核の回転が停止し、地磁気がなくなったらどうなるかをテーマにした物語だ。実際、地磁気がなくなったら、太陽が放出する放射線が直接大気にぶつかるので、地球環境や生物にとって何らかの悪影響もあるだろう。映画の方は、1年後に地球が滅亡するという設定で、特殊車両で核まで突入し、核爆発で再回転させようというちょっとぶっ飛んだ話だ。

51sr3yqebl

2017年6月13日 (火)

XーMEN:ファースト・ジェネレーション

 XーMENたちはいかにして誕生したのか。その誕生劇を描いたのが映画「XーMEN:ファースト・ジェネレーション」だ。後にXーMENのリーダーとなるチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)は、少年時代、青い肌と変身能力を持つ少女レイヴン・ダークホルム(ミスティーク)と出会い、妹として迎え入れる。一方、ユダヤ人の少年エリック・レーンシャー(マグニートー)は、ナチス・ドイツの強制収容所で、金属を操る超能力を引き出されていた。そして成長したチャールズとエリックは、ミュータントの組織ヘルファイア・クラブを追う中でついに運命の出会いを果たす。チャールズはCIAの仕事で、エリックは母親の敵討ちのため、それぞれヘルファイア・クラブを追っていたのだ。2人は各地でミュータントを探し、自らのチームを結成、キューバ危機をきっかけに世界大戦を起こそうとするヘルファイア・クラブと戦うが、米ソはチャールズたちにも攻撃を加えてしまう。ここに親友であるチャールズとエリックは決別、別々の道を歩み始めるのだった。

51vansl006l

2017年6月 5日 (月)

銀河ヒッチハイクガイド

 天文書を読んでいるとときどきSFの話が出てくるのだが、ある本で「銀河ヒッチハイクガイド」が紹介されていた。原作はイギリスの小説で、世界的なベストセラーになり、2005年に制作された映画もヒットした。主人公アーサー・デント(マーティン・フリーマン)はごくごく平凡な男で、自宅は立ち退きを迫られていたが、強制的に取り壊されそうになったその日、事件は起きた。なんと、無数の巨大な宇宙船が現れ、銀河バイパス建設のため、地球を破壊するというのだ。そして実にあっさりと地球は破壊され、人類は滅亡する。しかし、アーサーは地球人に化けていた宇宙人の友人に助けられ、間一髪宇宙船をヒッチハイクして助かる。そこからは宇宙の奇人変人がぞろぞろ登場、大騒動が始まる。とにかく最初から最後までドタバタ劇が続くが、「究極の問い 生命 宇宙 そのすべての答え」を出すためにつくられたコンピュータ「ディープ・ソート」が出した答えが「42」だとか、ぶっ飛んだ話が満載だ。

61ozd5qcgwl

2017年5月25日 (木)

メッセージ

 宇宙人とのファースト・コンタクトを描いた映画の代表作と言えば、カール・セーガン原作のSF小説を映画化した「コンタクト」があるが、エイミー・アダムス主演の「メッセージ」もまた、ファースト・コンタクトものだ。世界12カ所にある日突然、巨大な宇宙船が出現、各国政府は調査チームを送り込み、宇宙人との対話を試みる。アメリカの調査チームの中心は言語学者のルイーズ・バンクス(アダムス)と物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)だ。宇宙人は7本の足を持つタコのような姿で、最初のうちはまったく会話が成立しないが、2人は根気強くヘプタポッド(7本の足があることからこう名付けた)との会話を続ける。しかし、意思疎通ができない状態が長く続くと、誤解や疑念を抱く者が現れるのも避けられない。アメリカ軍の一部兵士は暴走し、中国人民解放軍は宇宙船に宣戦布告をしてしまう。果たしてルイーズは、衝突を回避することができるのだろうか? まあもちろん最後はめでたしめでたしなのだが、その理由はなかなか難解だ。どうやら、ヘプタポッドの言語は時間軸を超越していて、ルイーズもその影響を受けたようだ。原作の小説「あなたの人生の物語」では、もうちょっと詳しく説明されているようで、ヘプタポッドの言語には光学のフェルマーの原理も関係しているらしい。フェルマーの原理は、最小作用の原理と呼ばれる物理学の原理の一種で、最小作用の原理を使うと力学や電磁気学、相対性理論、量子力学などの諸法則が統一的に記述できるという、非常に深遠な原理だ。

17903474_1305507236205080_160933869

2017年5月24日 (水)

ロジャー・ムーア

 3代目007ジェームズ・ボンド ロジャー・ムーアが死去したとの報。ムーアは初代ボンド ショーン・コネリーとは違う、エレガントなボンド像を確立した。ボンド映画には最多となる7作品に出演しているが、ムーア・ボンドのキャラクターが定着したのは第3作「私を愛したスパイ」だろう。オープニング・シークエンスでボンドがアルプスからダイブするシーンはシリーズ屈指の名シーンで、ロンドン・オリンピック開会式でも同じようなシーンが再現された。また、第4作「ムーンレイカー」では、パラシュートなしで飛行機からたたき落とされるという大迫力シーンも演じている(もちろん、実際に演じてるのはスタントマンだが)。一方で、ムーア・ボンドはどんなに危機に陥ってもユーモアを忘れない。ムーア・ボンドのキャラクターは、まさにムーア自身のキャラクターだったようだ。ボンド引退後はユニセフ親善大使も務めるなど、ボランティア活動にも熱心だった。今夜は久しぶりに「私を愛したスパイ」を見ようかな。

51ja59m6eyl

2017年5月17日 (水)

ロボコップ3

 犯罪都市と化した近未来のデトロイトを舞台に、殉職した警官アレックス・マーフィがロボコップとして蘇り、犯罪者たちと戦う映画「ロボコップ」シリーズ第3作「ロボコップ3」では、ピーター・ウェラーに替わってロバート・ジョン・パークがマーフィー=ロボコップを演じている。デトロイトを牛耳るオムニ社は、デルタ・シティという都市再開発計画を進めていたが、なんと日本企業のカネミツ社に買収されていた。本作が制作されたのは1993年だが、1980年代後半といえば、日本企業がアメリカでハデな買収劇を繰り広げていた時代だ。オムニ社はリハッブという特殊部隊を編成し、住民を強制的に立ち退かせるという悪事を働いていた。ロボコップは、リハッブが住民を排除するのを阻止しようとするが、リハッブの攻撃により大きなダメージを負ってしまう。しかも、ロボコップの前には、カネミツ社の最新アンドロイド オートモが立ちはだかる。リハッブの暴走を止めるため、オムニ社の支配下にあるデトロイト市警の警官たちもバッジを捨て、市民とともに戦うのだった。

51wtotfsbyl

2017年5月13日 (土)

ミッドナイト・ガイズ

 アル・パチーノ&クリストファー・ウォーケン&アラン・アーキン主演の映画「ミッドナイトガイズ」は、3人の老いたギャング仲間が久しぶりに再会し、人生最後のひと暴れを楽しむ物語だ。28年の刑期を終えて刑務所から出所したヴァル(パチーノ)は、ドク(ウォーケン)の出迎えを受けるが、ドクは彼らのボス クラップハンズに、翌朝10時までにヴァルを消すよう命令されていた。ドクはヴァルへの友情から、最後の夜を楽しく過ごさせようとするが、ヴァルはそれを悟ってしまう。そこで2人は、もう1人の仲間ハーシュ(アーキン)を老人ホームから連れ出し、3人で最後のひと暴れを楽しもうとする。盗んだ高級車でパトカーとハデなカーチェイスを繰り広げる3人は心底楽しそうだ。クルマの持ち主であるギャングに拉致されていた女性を助け、懲らしめてやるあたり、いまどきのチンピラギャングとは違うのだ。ハーシュが息を引き取り、ヴァルとドクの2人が残された。どうしてもヴァルを殺す気になれないドク。ドクは行きつけのレストランのウェイトレスであるアレックスに、自分が祖父であることをついに打ち明ける。そして2人は、クラップハンズの事務所にハデに殴り込みをかけるのだった。

81orhuasl1l_sl1500_

より以前の記事一覧