カテゴリー「天体写真、天文学、科学」の記事

2024年4月20日 (土)

春の銀河⑤

 タカハシFC-100DZのファーストライトで春の銀河を撮影した。りょうけん座の渦巻銀河M51をステライメージLiteで画像処理した。

2024年4月6日撮影 タカハシFC-100DZ+FC35レデューサー0.66×+CBPフィルター+ZWO ASI294MC+ASIAIR Plus、露出300秒を4枚スタック

M51_20240419091701

2024年4月19日 (金)

春の銀河④

 タカハシFC-100DZのファーストライトで春の銀河を撮影した。おおぐま座の渦巻銀河M81&不規則銀河M82をステライメージLiteで画像処理した。

2024年4月6日撮影 タカハシFC-100DZ+FC35レデューサー0.66×+CBPフィルター+ZWO ASI294MC+ASIAIR Plus、露出300秒を4枚スタック

M81

2024年4月18日 (木)

撮影機材

 今回はタカハシFC-100DZのファーストライトということで、鏡筒とASIAIR Plus以外はこれまでと同じ構成で撮影した。最終的にはすべて正常に作動したが、途中いくつかトラブルが出て右往左往することになった。トラブル内容は、ASIAIR PlusとキヤノンEOS6D(IR改造)の接続不良、オートガイド不調、オートフォーカサー不調だったが、オートフォーカサー不調は凡ミス、あとは原因よくわからずだった。ASIAIR PROでときどき見舞われた電源トラブルは発生しなかった。年に数回しか撮影の機会がないので、毎度のことながら、すべての機材を正常に動かすのに手間取ってしまう。

Img_2168

2024年4月17日 (水)

二十四節気・穀雨

 二十四節気(にじゅうしせっき)の一つ、太陽黄経30度(おひつじ座)に対応するのが穀雨(こくう)だ。穀物をうるおす春雨が降るという意味で、本州では田植えの前に田んぼの準備をしている頃だ。穀雨の次の二十四節気は立夏で、その直前に唱歌「茶摘み」にも歌われる八十八夜がある。今年は4月19日が穀雨に当たる。

Kokuu_20240417084401

2024年4月16日 (火)

4月こと座流星群

 毎年4月16日頃から25日頃まで出現する4月こと座流星群は、周期400年のサッチャー彗星を母天体とする流星群だ。流星数はそれほど多くはないが、突発的に増加することがあり、1945年に1時間当たり90個という記録がある。海外では、1922年、1946年、1982年に多くの流星が観測されている。極大は22日頃だが、満月近くの明るい月があるため、条件は悪い。

Aprillyrids_20240416083701

2024年4月15日 (月)

春の銀河③

 タカハシFC-100DZのファーストライトで春の銀河を撮影した。おおぐま座の渦巻銀河M101は回転花火銀河とも呼ばれる。撮影中に雲行きがあやしくなり、4コマ撮影できたのはこれが最後となった。ASIDeepStackでバイアス、ダーク、フラット、ライトフレームをスタックした。

2024年4月6日撮影 タカハシFC-100DZ+FC35レデューサー0.66×+CBPフィルター+ZWO ASI294MC+ASIAIR Plus、露出300秒を4枚スタック

Light_stack_6_20240415100401

2024年4月14日 (日)

ポンス・ブルックス彗星⑤

 ポンス・ブルックス彗星(12P)をステライメージLiteで画像処理した。③・④の翌日、まだ天文薄明中のちょっと早い時間に撮影した。1日経つと彗星はけっこう移動しているのがわかる。結局双眼鏡では尾までは確認できなかった。その意味では百武彗星やヘール・ボップ彗星にはまったく及ばないが、機材の進歩のおかげで、大じゃない中彗星くらいでも、大彗星のように写るのは楽しい。

2024年4月6日撮影 タカハシFC-100DZ+FC35レデューサー0.66×+CBPフィルター+ZWO ASI294MC+ASIAIR Plus、露出60秒を10枚スタック

Ponsbrooks3

2024年4月13日 (土)

ポンス・ブルックス彗星④

 ポンス・ブルックス彗星(12P)をステライメージLiteで画像処理した。③の撮影後すぐ、ちょっと構図をずらして撮影した。高度がどんどん下がっていくので、写りはどんどん悪くなっていく。

2024年4月5日撮影 タカハシFC-100DZ+FC35レデューサー0.66×+CBPフィルター+ZWO ASI294MC+ASIAIR Plus、露出60秒を10枚スタック

Ponsbrooks2

2024年4月12日 (金)

皆既日食②

 4月8日(現地時間)、北アメリカで皆既日食が観測された。この皆既日食を国際宇宙ステーション(ISS)から撮影した画像が、NASA HPに公開されている。皆既中の地域は月の影で覆われ、夜のように暗くなっているのがわかる。

Iss071e002844orig

2024年4月11日 (木)

皆既日食①

 4月8日(現地時間)、北アメリカで皆既日食が観測された。NASA HPでは、テキサス州ダラスで撮影された皆既中の神秘的な画像が公開されている。ところで、皆既中にポンス・ブルックス彗星を撮影した天文ファンはいるのだろうか。撮影に成功していれば、これまたすばらしい写真になるのだが。

53641212344be1e94e20co

より以前の記事一覧