2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 日本光学工業製20㎝屈折赤道儀 | トップページ | 次期主力望遠鏡⑧ »

2023年2月15日 (水)

次期主力望遠鏡⑦

 タカハシFS-60CBに代わる主力望遠鏡として、海外メーカー製品も見ていこう。セレストロンはシュミットカセグレン望遠鏡で有名なメーカーだ。大口径であるにもかかわらずお値段はそんなに高くない、口径8インチ(20㎝)のC8がヒットした。このC8をベースに、周辺部の解像度を高めたのがEdgeHD800-CG5だ。口径203㎜、焦点距離2000㎜(F9.9)ながら重量6.4㎏で、タカハシEM-11でも搭載できそうだ。実際に使う場合は、専用レデューサーを組み合わせて焦点距離1422㎜(F7)にするだろうが、それでもかなり長い焦点距離なので、銀河などの撮影まで考えるとEM11では心配かもしれない。いままで屈折式しか使っていないので、メンテナンスとかも不安だ。まあ慣れればたいしたことないのかもしれないが。

36043_7c001

« 日本光学工業製20㎝屈折赤道儀 | トップページ | 次期主力望遠鏡⑧ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本光学工業製20㎝屈折赤道儀 | トップページ | 次期主力望遠鏡⑧ »