« 次期主力望遠鏡⑥ | トップページ | 二十四節気・雨水 »

2023年2月12日 (日)

カノープス

 りゅうこつ座のカノープスは、シリウスに次いで明るい1等星だ。とはいえ、日本では南中高度があまりにも低く、計算上は東京でも見えるはずだが、実際に見るのはかなり難しいだろう。かくいうぼくも見たことはない。カノープスが南中するのはベテルギウスより後、シリウスより先なので、いまなら20:30過ぎくらいだ。もし南の方向に障害物がなく、地平線(水平線)まで見渡せるなら、カノープスを探してみるといい。古代中国では、カノープスを見ると寿命が延びるといわれたそうだ。カノープスについては、アストロアーツのこのサイトが詳しい。しかし、残念ながら、北海道では南中高度がマイナスなので、絶対に見られない。

Canopus

« 次期主力望遠鏡⑥ | トップページ | 二十四節気・雨水 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次期主力望遠鏡⑥ | トップページ | 二十四節気・雨水 »