« 次期主力望遠鏡⑦ | トップページ | すばる望遠鏡主焦点カメラ »

2023年2月16日 (木)

次期主力望遠鏡⑧

 タカハシFS-60CBに代わる主力望遠鏡として、海外メーカー製品も見ていこう。SHARPSTAR 13028HNTは口径130㎜、焦点距離364㎜(F2.8)のアストロカメラだ。タカハシε-130Dと同口径ながら、Fはさらに明るく、撮影枚数も稼げそうだ。しかし、光軸調整やフラット補正など、もろもろ大変になることが予想される。せっかく撮影機会を確保しても、撮影以外に多くの時間を費やすというのでは、元も子もない。撮影機会が年数回しかなく、お手軽に撮影したいぼくとしては、反射系はやはりやめた方がいいかなぁという感じだ。

Ad8d9dc936ea449b8d4695e5e7912fd0

« 次期主力望遠鏡⑦ | トップページ | すばる望遠鏡主焦点カメラ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次期主力望遠鏡⑦ | トップページ | すばる望遠鏡主焦点カメラ »