2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ふたご座流星群 | トップページ | 窓際のスパイ »

2022年12月 5日 (月)

2023年の天文現象

 天文ファンにはおなじみ「天文年鑑」は、2023年版で創刊75周年を迎える。2023年の天文現象だが、日食が2回、月食が1回ある。4月20日の日食は、観測地によって皆既日食または金環日食となるが、日本では一部の地域でごくわずかに欠ける部分日食になる。10月15日の金環日食は、日本からは見られない。10月29日の月食は、ごくわずかに欠ける部分月食だ。惑星食は、水星食が1回、金星食が2回、火星食が5回、木星食が4回あるが、日本から見られそうなものはない。金星は前半は宵の明星として輝き、8月以降は明けの明星に移る。土星の輪はますます細くなり、2025年には見えなくなる。しぶんぎ座流星群は1月4日頃、ペルセウス座流星群は8月13日頃、ふたご座流星群は12月15日頃に極大を迎えるが、ペルセウス座流星群とふたご座流星群は条件がよく、観望のチャンスだ。1986年に近日点を通過したハレー彗星は、12月に遠日点を通過、38年後の回帰に向けて太陽への接近を開始する。

20221114071838768x1095

« ふたご座流星群 | トップページ | 窓際のスパイ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたご座流星群 | トップページ | 窓際のスパイ »