2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 皆既月食③ | トップページ | 二十四節気・立冬 »

2022年11月 3日 (木)

皆既月食④

 望遠鏡で皆既月食を撮影するなら、例えば5分毎に撮影し、すべての画像を1本の動画にまとめるといい。部分食の始まりから皆既食、そして部分食の終了まで4時間弱もかかるので、普通のビデオ撮影だと長くなりすぎる。タイムラプス動画なら、そんなに長くならない。2018年1月31日の皆既月食では、だいたい5分間隔で撮影したと思うが、2〜3分間隔でもいいかもしれない。問題は露出時間で、実際に撮影してみないと、適正露出時間は決まらないことが多い。こういうときは、オートブラケット機能を使って、1度に3枚くらい撮影しておくといい。キヤノンEOSの場合、AEB(オートエクスポージャーブラケティング)というメニューがあるので、これで露出時間を3段階にしておく。しかし、これをやると月食中はカメラの操作で忙しくなり、ゆっくりながめる余裕はなくなるけど。

Eclipse_20221102100901

« 皆既月食③ | トップページ | 二十四節気・立冬 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皆既月食③ | トップページ | 二十四節気・立冬 »