2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« シグマ星景レンズ | トップページ | PixInsight① »

2022年8月18日 (木)

ZWO ASI461MM Pro

 天体写真用CMOSカメラも35mmフルサイズ(36mm×24mm)がラインナップされているが、ZWOからこれを超える44mm×33mmのラージフォーマット冷却CMOSカメラが発表された。画素数は1億199万画素ということだから、大口径天体望遠鏡と組み合わせれば、驚くべき画像が得られるんだろう。しかし、当然のことながら驚くべきお値段で、なんと227万円だそうだ。果たしてこれを導入する天文ファンはいるんだろうか。ぼくは現在のところフォーサーズサイズ(19.1mm×13.0mm)の非冷却CMOSカメラASI294MCを主力機にしているが、進化のスピードが速いCMOSカメラのこと、そろそろ高性能&お手頃な新製品が登場するのではないかと期待している。

Zwo110_1

« シグマ星景レンズ | トップページ | PixInsight① »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シグマ星景レンズ | トップページ | PixInsight① »