2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2020年8月の星空 | トップページ | ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 »

2022年7月31日 (日)

教養としてのコンピューターサイエンス講義

 「幼年期の終わり」や「2001年宇宙の旅」で有名なイギリスのSF作家アーサー・C・クラークは、「十分に発達した科学技術は何であれ、魔法と区別がつかない」と述べた。1980年代に初めてパーソナルコンピューターに触れた世代からみると、現代のスマートフォンなどはまさに魔法だろう。しかし、当然のことながら、魔法には明るい側面もあれば暗い側面もある。スマートフォンに詰まった個人情報がひとたび流出すれば、大変なことになりかねない。というわけで、現代人としては、最低限のコンピューターサイエンスを学んでおくことが必要だ。カナダの計算機学者ブライアン・カーニハンの書いた「教養としてのコンピューターサイエンス講義」は、プリンストン大学の一般人向けコンピューターサイエンスの講義をまとめたもので、ちょっとページ数が多いが、基礎知識を学ぶにはいいだろう。

B085971kfl01_sclzzzzzzz_sx500_

« 2020年8月の星空 | トップページ | ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年8月の星空 | トップページ | ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 »