2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« オビ=ワン・ケノービ | トップページ | キングスマン:ファースト・エージェント »

2022年6月12日 (日)

わが名はキケロ ナチス最悪のスパイ

 第2次世界大戦中のトルコで、ナチスドイツから「キケロ」と呼ばれるスパイがいたという。映画「わが名はキケロ ナチス最悪のスパイ」は、キケロことイリアス・バズナの人生を描いた物語だ。幼い頃、コソボで家族を惨殺されたアルバニア人のバズナ(エルダル・ベシクチオール)は、各国の外交官の執事として働きながら、機密情報を盗み出していた。やがて、イギリス大使の執事に収まったバズナは、イギリスの機密情報を盗み、ドイツに売り始める。中立を保ち続けたトルコがドイツ側につくのか、イギリス側につくのかをめぐり揺れている中、バズナはドイツ大使館職員モイズイッシュの秘書コルネリア・カップ(ブルジュ・ビリジク)と交際するようになるが、カップの弱みを握ったモイズイッシュが関係を迫るなど、人間関係もおかしくなっていく。現実には、バズナのスパイ行為はイギリス側も把握していたそうで、これを承知の上で欺瞞作戦に利用したという。

81e0flxfm3l_ac_ul640_ql65_

« オビ=ワン・ケノービ | トップページ | キングスマン:ファースト・エージェント »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オビ=ワン・ケノービ | トップページ | キングスマン:ファースト・エージェント »