2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 宇宙天気予報 | トップページ | 二十間道路の桜① »

2022年4月29日 (金)

フラットフレーム

 天体写真をきれいに仕上げるときに必要な処理の一つとして、フラット補正というのがある。これは、レンズを通った光の明るさが、中心部では最も明るく、中心から離れるに従って暗くなる現象(周辺光量低下または周辺減光)により、画面に出るムラを補正するというものだ。具体的には、薄明の空や均一な面光源を撮影した画像(フラットフレーム)を用意し、中心から離れていくにつれどれくらい暗くなるかを測定、暗くなった分を元に戻してやるという処理を行う。こういうとめんどくさそうだが、これをやってくれる天体写真専用ソフトがあるのだ。で、実際にiPadの画面を撮影した画像がこれだ。隅の方にいくとだんだん暗くなっているのがわかるだろう。キヤノンEOS60Daを使っているときは、周辺減光はあまり気にならなかったのだが、フルサイズのEOS6Dは周辺減光がけっこう大きいので、フラット補正をやらなければならないのだ。

Img_0068_20220429212901

« 宇宙天気予報 | トップページ | 二十間道路の桜① »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙天気予報 | トップページ | 二十間道路の桜① »