2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 冬の星空⑳ | トップページ | ミュージアムパーク茨城県自然博物館① »

2022年1月27日 (木)

クーリエ:最高機密の運び屋

 米ソ全面核戦争寸前までいったキューバ危機のさなか、ソ連軍参謀本部情報総局(GRU)高官が、西側に機密情報を流すという事件があった。ベネディクト・カンバーバッチ主演の映画「クーリエ:最高機密の運び屋」は、この事件を映画化した作品だ。イギリス人セールスマン グレヴィル・ウィン(カンバーバッチ)は、東ヨーロッパ諸国を頻繁に訪れていたため、CIAとMI6はクーリエ(外交伝書使)役を依頼する。その任務とは、GRUのペンコフスキー大佐から受け取った機密情報を、西側に持ち帰るという危険なものだった。はじめは協力を拒否するウィンだったが、ペンコフスキーに説得され、渋々引き受ける。はじめは順調に仕事をこなし、友情と信頼で結ばれるようになった2人だったが、その先には非情な運命が待ち受けていた。人気ドラマ「SHERLOCK」では超人的な活躍を見せるカンバーバッチだが、本作ではややだらしないセールスマン役を、いかにもという感じで演じている。

711d7cqgjl_ac_sl1417_

« 冬の星空⑳ | トップページ | ミュージアムパーク茨城県自然博物館① »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の星空⑳ | トップページ | ミュージアムパーク茨城県自然博物館① »