« 冬の大三角 | トップページ | 皆既日食 »

2021年12月 5日 (日)

二十四節気・大雪

 二十四節気(にじゅうしせっき)の一つ、太陽黄経255度(へびつかい座)に対応するのが大雪(たいせつ)だ。雪がいよいよ降りつもってくるという意味で、北海道はいよいよ冬本番に入る。天体写真撮影には気温が低いのはいいのだが、昼間のうちに必ず下見して、雪かきをしておかなければならない。撮影中に天気が急変し、雪が降り出すこともある。それでも、冬の星空の美しさは格別だ。今年は12月7日が大雪に当たる。

Taisetsu_20211203110601

« 冬の大三角 | トップページ | 皆既日食 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の大三角 | トップページ | 皆既日食 »