2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« キャノンがデジタル一眼レフカメラ旗艦モデルの開発・生産を終了 | トップページ | 2022年1月の星空 »

2021年12月29日 (水)

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

 オスカー・アイザック&ジェシカ・チャステイン主演の映画「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」は、「最もバイオレントな年」だった1981年のニューヨークが舞台だ。移民のアベル・モラレス(アイザック)は、クリーンなビジネスを信条に石油会社を経営しているが、事業拡大のため、イースト川の石油ターミナルの買収に乗り出す。難しい交渉が成功し、全財産を頭金に注ぎ込むアベルだったが、その直後からさまざまなトラブルに見舞われるようになる。石油を満載した輸送トラックは何者かによってたびたび強奪され、検察官からは、起訴を予告される始末。組合幹部からは、ドライバーに銃を所持させればいいとアドバイスを受けるが、あくまでもクリーンを信条とするアベルはこれを拒否、とうとう身に覚えのない脱税の罪で起訴されてしまう。石油ターミナル買収資金の残金の支払い期限が迫る中、銀行からは約束した融資を反故にされ、妻のアンナ(チャステイン)との関係も揺らぎ、絶体絶命のピンチに陥るアベル。というわけで、理想を追求するアベルは、どんな代償を払わされるのだろうかという展開だ。

91q5pg50pdl_ac_sl1500_

« キャノンがデジタル一眼レフカメラ旗艦モデルの開発・生産を終了 | トップページ | 2022年1月の星空 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャノンがデジタル一眼レフカメラ旗艦モデルの開発・生産を終了 | トップページ | 2022年1月の星空 »