2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 二十四節気・冬至 | トップページ | ジュラシック・パークⅢ »

2021年12月21日 (火)

氷の接吻

 ユアン・マクレガーが初めてオビ=ワン・ケノービを演じた同じ年に公開された映画「氷の接吻」は、ちょっと不思議なムードの物語だ。イギリスの秘密諜報員アイ(マクレガー)は、ターゲットの監視にかけては凄腕のプロだが、妻と娘に去られて以来、たびたび娘の幻覚に悩まされている。他人と直接面談するのは苦手で、本部とのやりとりもすべてPCだ。ある日、上司から、自分の財産を持ち出した息子の監視を依頼されるが、一緒にいた女に殺されるのを目撃する。謎の女を追跡するアイだが、その女はなおも言い寄ってくる男たちを殺し続ける。なぜか「メリークリスマス、パパ」と言いながら。やがてアイは、ジョアナ(アシュレイ・ジャッド)という名のその女に、だんだんと心を奪われてしまうのだった。アイに指示を出す本部のヒラリーを、カナダのミュージシャン k・d・ラングが演じている。

61mfffshbrl_ac_sl1000_

« 二十四節気・冬至 | トップページ | ジュラシック・パークⅢ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二十四節気・冬至 | トップページ | ジュラシック・パークⅢ »