« ロシア・ハウス | トップページ | 皆既日食 »

2021年11月30日 (火)

金星が最大光度

 宵の明星として輝いている金星が、12月4日に最大光度となる。マイナス4.7等級というその光度は、1等星の100倍以上の明るさだ。金星が地球に最接近するのは内合(地球と太陽の間)のときだが、このとき金星は新月のようになっている。最大離角の頃は半月のようになっているが、距離が遠い。というわけで、最大離角と内合の間、地球からの距離と金星の欠け方がうまい具合にバランスする頃、最も明るくなる。視力がいい人なら、昼間でも見えるはずなので、試してみるといい。ぼくも天体望遠鏡で見たことがある。今後金星はだんだん太陽に近づき、来年1月上旬には内合、その後は明けの明星となる。

Topics012s_20211130095201

« ロシア・ハウス | トップページ | 皆既日食 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシア・ハウス | トップページ | 皆既日食 »