2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2021年12月の星空 | トップページ | 金星が最大光度 »

2021年11月29日 (月)

ロシア・ハウス

 スパイ小説の大御所、イギリスの作家ジョン・ル・カレ原作の映画「ロシア・ハウス」は、ショーン・コネリー主演で旧ソ連でも撮影が行われた。イギリスで出版社を経営するバーリー・ブレア(コネリー)のもとに、ペレストロイカが進むソ連のカーチャ・オルロワ(ミシェル・ファイファー)という女性から、3冊のノートが届く。そこには、東西の軍事バランスを崩しかねない、ソ連の重大な軍事機密が記されていた。ノートは英国情報部ロシア・ハウスに渡り、ブレアは厳しい尋問を受ける。カーチャにはまったく心当たりのないブレアだったが、かつて交流があったダンテ(クラウス・マリア・ブランダウアー)という作家が送り主ではないかと思い至る。ブレアはロシア・ハウスの指導でにわかスパイに仕立てられ、ソ連に渡ってカーチャやブレアと接触するが、CIAやKGBも加わった情報戦に翻弄されていくことになる。旧ソ連時代のモスクワやレニングラード(サンクトペテルブルク)の風景に、ジェリー・ゴールドスミスの音楽がマッチして、ボンド映画とはまったく雰囲気の異なるコネリーの姿を見ることができる。

51q1791yz1l_ac_

« 2021年12月の星空 | トップページ | 金星が最大光度 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年12月の星空 | トップページ | 金星が最大光度 »