2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 二十四節気・白露 | トップページ | ZWO ASIAIR PROによる天体写真撮影⑨(備忘録) »

2021年9月 6日 (月)

THE GUILTY/ギルティ

 デンマークの映画「THE GUILTY/ギルティ」は、警察の緊急通報司令室のみの映像で展開する異色の物語だ。過去の事件で不祥事を起こし、現場を外されたアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、緊急通報司令室のオペレーターとしてさまざまな電話を受ける毎日を送っていた。ある日、ホルムは女性からの緊急通報を受ける。イーベンというその女性は、まさにいま何者かに誘拐されているところだった。緊急通報司令室のPCには、携帯電話の個人情報や現在位置が瞬時に表示される。ホルムはイーベンが子どもと電話しているようにみせかけるよう指示しながら、イーベン保護に向けて必要な手を打っていく。イーベンの自宅に電話し、幼い娘のマチルデと会話したホルムは、イーベンの元夫ミケルが誘拐犯であると確信し、マチルデ保護のため警官を差し向けるとともに、同僚にミケルの自宅をガサ入れするよう依頼する。そしてイーベンの自宅に着いた警官が発見したのは、赤ん坊の死体だった。というわけで、緊迫した展開が続くのだが、待っていたのは意外な結末だった。いや〜、こんな映画もあるんだなぁ。ハリウッドでのリメイクも決まったようで、「ミレニアム」シリーズのようになるのかな。

61mpnbugtll_ac_sl1430_

« 二十四節気・白露 | トップページ | ZWO ASIAIR PROによる天体写真撮影⑨(備忘録) »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二十四節気・白露 | トップページ | ZWO ASIAIR PROによる天体写真撮影⑨(備忘録) »