2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 土星が衝 | トップページ | 二十四節気・立秋 »

2021年8月 3日 (火)

ペルセウス座流星群

 ペルセウス座流星群が活動期に入っている。今年の極大は13日未明(4:00過ぎ)で、月明かりもなく、観測条件は最良だ。12日夜半過ぎから日の出前の薄明が始まるまでの間、光害のないところでは1時間当たり50個程度の流星が見られるかもしれない。北海道では日の出は4:30なので、3:00頃には薄明が始まる。明るい流星ならば、薄明の中でも見えるかもしれない。2001年のしし座流星群は、薄明の中で多数の流星が出現して驚いたもんだ。流星群の流星は、空のどこにでも出現するが、放射点と呼ばれる一点から放射状に出現するように見える。ペルセウス座流星群の放射点は、その名のとおりペルセウス座にあり、未明には北東の空に高く昇っている。観測には望遠鏡や双眼鏡を使う必要もなく、寝転がって肉眼で見るのが一番だ。写真撮影するなら、できるだけ広角レンズを使い、タイムラプス動画にするといい。あとは好天に恵まれるかどうかだ。

Topics02s_20210803125301

« 土星が衝 | トップページ | 二十四節気・立秋 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土星が衝 | トップページ | 二十四節気・立秋 »