2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 夏休み、おうちで楽しむ国立天文台コンテンツ | トップページ | ペルセウス座流星群 »

2021年8月 2日 (月)

土星が衝

 8月2日は土星が衝(しょう)となる。衝というのは、ちょうど太陽と正反対の位置にくるということで、一晩中見ることができる。また、地球との距離が最も近くなるので、最も明るく、最も大きく見える。土星があるのはいて座の隣、やぎ座だ。土星より遅れること18日、8月20日には、みずがめ座にある木星が衝となる。昨年の夏は木星と土星の位置関係が逆だったが、昨年末に木星が土星を追い越していった。木星の公転周期は12年、土星の公転周期は30年なので、木星の方が動きが速いのだ。木星と土星があるあたりは明るい星が少なく、とても目立つだろう。しばらくは、木星と土星、みなみのうお座の1等星フォーマルハウトでつくる「秋の大三角」を楽しめそうだ。

Topics031s_20210802091101

« 夏休み、おうちで楽しむ国立天文台コンテンツ | トップページ | ペルセウス座流星群 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み、おうちで楽しむ国立天文台コンテンツ | トップページ | ペルセウス座流星群 »