2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 金環日食 | トップページ | 夏の天の川① »

2021年6月 9日 (水)

「三四郎」の舞台⑩

夏目漱石「三四郎」
「谷中と千駄木が谷で出会うと、いちばん低い所に小川が流れている。この小川を沿うて、町を左へ切れるとすぐ野に出る。川はまっすぐに北へ通っている。」
 迷子の件でみなの会話に気分を害したらしい里見美禰子は、一行から離れようとする。美禰子は後を追った三四郎にもう出ましょうといい、2人は団子坂を下りて谷中の方に向かう。2人は小川に差し掛かるが、これがいまは暗渠となった藍染川だ。藍染川は谷田川ともいい、巣鴨の染井霊園を源流として不忍池に流れ込んでいたという。谷中よみせ通りや通称へび道は、藍染川の流路だそうだ。

Img_1140

« 金環日食 | トップページ | 夏の天の川① »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金環日食 | トップページ | 夏の天の川① »