2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« MacBook Air⑤ | トップページ | 「三四郎」の舞台② »

2021年5月20日 (木)

「三四郎」の舞台①

 夏目漱石の小説「三四郎」は1908年(明治41年)、朝日新聞で連載された。福岡の田舎から上京した東京帝国大学の学生 小川三四郎(23歳)が主人公で、いまの文京区が舞台だ。なお、文京区が新設されたのは1947年(昭和22年)で、三四郎の時代は本郷区と小石川区に分かれていた。漱石はいまの新宿区で生まれてから、地方や海外も含めて何度も転居しているが、文京区内でも何カ所かに住んだことがある。そのうち駒込千駄木町(向丘2丁目)には、「三四郎」を書く数年前に住んでいた。それ以前には森鴎外も住んでいたというから、二大文豪誕生の地とでもいうべき日本文学史上貴重な場所だ。

Img_1086

« MacBook Air⑤ | トップページ | 「三四郎」の舞台② »

バイク、旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MacBook Air⑤ | トップページ | 「三四郎」の舞台② »