2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「三四郎」の舞台④ | トップページ | 皆既月食③ »

2021年5月24日 (月)

ブラック・ダリア

 1947年、アメリカ ロサンゼルスで、ブラック・ダリア事件という猟奇的殺人事件が発生した。エリザベス・ショートという若い女性の切断死体が発見されたのだ。このブラック・ダリア事件を下敷きに制作されたのが、ジェイムズ・エルロイ原作の映画「ブラック・ダリア」だ。バッキー・ブライカート(ジョシュ・ハートネット)とリー・ブランチャード(アーロン・エッカート)はともにボクサー出身の刑事で、ブランチャードとともに住むケイ・レイク(スカーレット・ヨハンソン)も交えた3人は、大親友ともいえる間柄だ。2人はコンビを組んでめざましい活躍を見せるが、ある日若い女性の切断死体が発見される。ブラック・ダリア事件と名付けられたこの事件の捜査に加わった2人だが、ブランチャードは異常なほどこの事件にのめり込んでいく。一方、ブライカートは、被害者エリザベス・ショートにそっくりの女性マデリン・リンスコット(ヒラリー・スワンク)と出会い、親密な関係になっていく。そんな中、ブランチャードが以前逮捕した銀行強盗犯が出所することになり、ブランチャードはある行動を起こす。というわけで、この後大きく事態が動いていくが、事件の真相は実に意外なものだった。現実のブラック・ダリア事件はというと、警察の捜査線上には数多くの人物が上がったが、結局は迷宮入りしている。

41xhlk53dil_ac_

« 「三四郎」の舞台④ | トップページ | 皆既月食③ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「三四郎」の舞台④ | トップページ | 皆既月食③ »