2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 巨大ブラックホールの謎 | トップページ | 彼が二度愛したS »

2021年3月21日 (日)

コンバージョンレンズ

 いまの天体望遠鏡での写真撮像には、コンバージョンレンズ(補正レンズ)が不可欠なものとなっている。フローライトレンズやED(異常分散)レンズをもってしても、全面にわたって完全に収差をなくすことは困難で、中心部はシャープでも、周辺画像は悪化するのだ。そこで周辺画像を補正するコンバージョンレンズの登場ということになる。コンバージョンレンズには、マスターレンズの焦点距離をあまり変えない「フラットナー」、焦点距離を短くする「レデューサー」、焦点距離を長くする「エクステンダー」があり、撮像対象によって使い分ける。タカハシFSー60CBの場合、本来の焦点距離は355㎜だが、フラットナーで370㎜、レデューサーで255㎜、エクステンダーで600㎜となる。ぼくはだいたいレデューサーを使うことが多いが、銀河撮像用にフラットナーも用意している。コンバージョンレンズは、かなり凝った作りなので、お値段も高い。

Tsa046_10

« 巨大ブラックホールの謎 | トップページ | 彼が二度愛したS »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大ブラックホールの謎 | トップページ | 彼が二度愛したS »