« 電視観望⑪ | トップページ | キャノンEF50㎜ F1.8 STM »

2021年1月15日 (金)

電視観望⑫

 自動導入経緯台SkyーWatcher AZーGTiマウント+ミニボーグ45EDⅡ+キャノンEOS Kiss X9+QBPフィルター+ZWO ASIAIR PROで電視観望をやってみた。こちらは露出10秒を30枚スタック。1枚撮りに比べて劇的になめらかな画像になっている。赤道儀を使ってじっくり撮像すれば、十分にきれいな写真が撮れそうだ。しかし、北海道の誰もいない山の上で撮影していたときは気にならなかったが、東京の住宅地では、シャッター音が気になる。近所迷惑になるので、シャッター音のしないCMOSカメラの方がよさそうだ。

Img_0034

« 電視観望⑪ | トップページ | キャノンEF50㎜ F1.8 STM »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電視観望⑪ | トップページ | キャノンEF50㎜ F1.8 STM »