2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 徳川慶喜終焉の地 | トップページ | ジョン・ル・カレ »

2020年12月14日 (月)

コリーニ事件

 ドイツの弁護士にして作家でもあるフェルディナント・フォン・シーラッハ原作の映画「コリーニ事件」は、ナチス・ドイツ崩壊後も残る戦後ドイツの法的暗部をあぶり出した物語だ。新米弁護士カスパー・ライネン(エリヤス・エンバレク)は、財界の大物経営者が殺された事件の国選弁護人を打診される。しかし、事件の詳細を知らされたライネンは、衝撃を受ける。被害者ハンス・マイヤーは、少年時代に世話になった恩人だったのだ。逡巡したライネンだったが、弁護士として独立した以上、仕事を引き受けるしかないと決意する。加害者ファブリツィオ・コリーニ(フランコ・ネロ)は長年ドイツで模範的な市民として働いてきたイタリア人だが、弁護人であるライネンに対しても、一切口を閉ざして何も語らない。まったく打つ手なしのライネンだったが、コリーニの生い立ちなどを調べるうちに、隠されたマイヤーの過去が浮かび上がってくる。戦争が残す傷は、何十年経とうが癒えるものではない。日本人としても、ちょっと他人事とは思えない話だ。

51m3hs6s89l_ac_

« 徳川慶喜終焉の地 | トップページ | ジョン・ル・カレ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳川慶喜終焉の地 | トップページ | ジョン・ル・カレ »