2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ZWO ASIAIR PRO④ | トップページ | ZWO ASIAIR PRO⑤ »

2020年12月 3日 (木)

モノリス

 アメリカ ユタ州などで、SF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」に登場するモノリスに似た金属柱が現れたそうだ。映画ではほとんど説明がなく、謎の存在だが、アーサー・C・クラークの小説版では詳しい説明があり、それによると一種のコンピュータだ。人類よりはるかに進んだある地球外知的生命体がいて、彼らはすでに肉体を離れ、精神のみの生命体となっていた。彼らは知的生命体に進化できそうな生命体を見つけると、その惑星にモノリスを送り込み、進化を誘導していた。地球では、ヒトザルがいた400万年前(小説版では300万年前)のアフリカにモノリスが出現する。モノリスの影響を受けたヒトザルは道具を使うことを覚え、厳しい生存競争に打ち勝っていく。そして現代、ヒトザルから進化した人類は、月面でモノリスを発見する。人類の進化を確認したモノリスは、木星(小説版では土星)に向けて強力な信号を放つ。その探査のため、デヴィッド・ボーマン船長ら乗組員と人工知能HAL9000を乗せた宇宙船ディスカバリーが木星に向かう。映画版は続編の「2010年」まで制作されたが、小説版はその後さらに「2061年宇宙の旅」、「3001年終局への旅」まで刊行された。モノリスは進化を誘導するものなのだが、ある生命体の進化のためには、別の生命体を滅ぼすこともありうるという、ちょっと厄介なものだ。2020年となった現在、モノリスが姿を現したのはなぜなんだろうか。

71smwzqud2l_ac_sl1000_

« ZWO ASIAIR PRO④ | トップページ | ZWO ASIAIR PRO⑤ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ZWO ASIAIR PRO④ | トップページ | ZWO ASIAIR PRO⑤ »