2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アノン | トップページ | ジョーンの秘密 »

2020年12月28日 (月)

2021年1月の星空

 毎年最初の天文現象は、3大流星群の一つ、しぶんぎ座流星群だ。極大は4日頃だが、月齢20の明るい月があるので、条件はあまりよくない。月は6日下弦、13日新月、21日上弦、29日満月だ。10〜11日頃、夕方の西南西の低空で水星と木星、土星が接近する。かなり見づらいが、双眼鏡で探してみよう。水星は24日に東方最大離角となり、この前後は見やすい。日没後の西の低空を探してみよう。金星は日の出前の南東の低空にあるが、太陽に近づいているので見づらい。火星はだいぶ暗くなったが、それでもマイナス0.3〜0.4等級あり、夜半まで冬の星空を飾っている。木星と土星は太陽に近く、いずれも今月末に合となる。地球は太陽の回りを公転しているが、その軌道は完全な円にかなり近い楕円だ。太陽に最も近い点(近日点)での距離は1億4710万㎞、最も遠い点(遠日点)での距離は1億5210万㎞で、その差は500万㎞。地球がその近日点を通過するのが2日だ。国立天文台HPより。

Skys_20201228091701

« アノン | トップページ | ジョーンの秘密 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アノン | トップページ | ジョーンの秘密 »