2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2020年12月の星空 | トップページ | 依頼人〜ザ・クライアント〜 »

2020年11月30日 (月)

評決のとき

 アメリカの作家ジョン・グリシャム原作の映画「評決のとき」は、南部ミシシッピ州を舞台に、幼い娘を暴行された黒人労働者が、犯人の白人不良青年2人を射殺した事件に関する裁判を描いた物語だ。黒人差別の激しいとある町で、10歳の少女が無残にも暴行される。少女は命は取り留めたが、子どもが産めない体になってしまう。少女の父カール・リー・ヘイリー(サミュエル・L・ジャクソン)は、かつて兄を弁護した新米弁護士ジェイク・ブリガンス(マシュー・マコノヒー)に、ただならぬ気配で相談を持ちかける。翌日、犯人2人が裁判所に連行されたが、物陰に隠れていたヘイリーは自動小銃を乱射、犯人を射殺してしまう。この衝撃的な事件に、町民の意見も二分され、緊張感が高まっていく。そんな中、次期州知事の座を伺う検事ルーファス・バックリー(ケヴィン・スペイシー)を相手に、法定でブリガンスの戦いが繰り広げられる。サンドラ・ブロックが切れ者の女子大生を演じるほか、ドナルドとキーファーのサザーランド親子が共演するなど、俳優陣も役者ぞろいだ。それにしても、KKK(クー・クラックス・クラン)はなんとも不気味だ。

81icppkv1l_sx600_

« 2020年12月の星空 | トップページ | 依頼人〜ザ・クライアント〜 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年12月の星空 | トップページ | 依頼人〜ザ・クライアント〜 »