2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« おうし座南流星群 | トップページ | KーASTEC XY62 »

2020年10月10日 (土)

いて座A*

 2020年のノーベル物理学賞を受賞したドイツの物理学者ラインハルト・ゲンツェルとアメリカの物理学者アンドレア・ゲッズは、銀河系中心に超巨大ブラックホールが存在することを明らかにした。銀河系の中心はいて座の方向にあり、厚い星間物質のため可視光では観測できないが、電波望遠鏡で観測すると、強い電波が放たれているのがわかる。この領域はいて座A*(エースター)と名付けられた。その後の観測により、いて座A*には超大質量ブラックホールが存在することが確実視されるようになった。超大質量ブラックホールは、恒星が超新星爆発を起こしてできるブラックホールとはケタ違いの大質量で、銀河系中心のブラックホールの質量は、太陽の400万倍という途方もない大きさだ。いまでは銀河系だけでなく、多くの銀河の中心に超大質量ブラックホールがあると考えられている。とにかく、こんなところに迷い込んだら一巻の終わりだ。幸い、地球は銀河系中心から3万光年も離れているので、ご安心を(画像はNASAチャンドラX線観測衛星撮影)。

Sgr_lg

« おうし座南流星群 | トップページ | KーASTEC XY62 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おうし座南流星群 | トップページ | KーASTEC XY62 »