2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« Linux⑨ | トップページ | バイス »

2020年10月18日 (日)

Best Always

 大瀧詠一死去から1年後にリリースされたアルバム「Best Always」は、大瀧にとって初のベストアルバムだ。細野晴臣、松本隆、鈴木茂との「はっぴいえんど」時代から始まって、それぞれの時代の楽曲が収録されている。シリア・ポールらが歌った「夢で逢えたら」は、なんと大瀧のセルフカバーによるこれまで隠されてきた未発表音源だ。もちろん、大瀧詠一のゴールデン・エイジである1980年代の名曲も多数収録されているほか、21世紀に入ってから歌われた竹内まりやとのデュエット曲まである。40年以上前の楽曲もあるが、大瀧の音楽はまさにエバーグリーンだ。そういえば、長年たまった音楽CDを整理のため売却した際、シリア・ポールのアルバム「夢で逢えたら」だけは定価以上の値がついたっけ。

81aoftxovl_ac_sl1121_

« Linux⑨ | トップページ | バイス »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Linux⑨ | トップページ | バイス »