« 国立天文台三鷹 定例観望会 | トップページ | 2020年10月の星空 »

2020年9月25日 (金)

中秋の名月

 旧暦の8月15日の夜は「十五夜」と呼ばれ、この日の月は「中秋の名月」と呼ばれる。古来この日の夜はお月見をする慣習があり、農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもある。中秋の名月は必ずしも満月になるとは限らず、今回も10月1日が中秋の名月、2日が満月だ。満月を天体望遠鏡で見ると、クレーターの影などがぜんぜん見えず、あまりおもしろくない。クレーターを見るなら、月が欠けてるときがいいのだ。しかも、満月はとても明るいので、他の星の光がかき消されてしまう。というわけで、天文ファンには、満月は実は不人気だ。まあしかし、年に1度はお月見というのもいいだろう。

Topics01s_20200925120801

« 国立天文台三鷹 定例観望会 | トップページ | 2020年10月の星空 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国立天文台三鷹 定例観望会 | トップページ | 2020年10月の星空 »