2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 探偵クレア 白蘭の女 | トップページ | タカハシ EMー200 TEMMA3赤道儀 »

2020年8月17日 (月)

エリカ&パトリック事件簿 踊る骸

 スウェーデンのミステリー作家カミラ・レックバリ は、「スウェーデンのアガサ・クリスティ」とも呼ばれる人気作家だ。代表作「エリカ&パトリック事件簿」は、作家のエリカと刑事のパトリックが難事件に挑むシリーズで、ドラマ化もされている。映画化された第5作「踊る骸」は、エリカの母親にまつわる忌まわしき過去を解きほぐす物語だ。出産したエリカを見舞った両親が、その直後、交通事故で悲惨な死を遂げる。数ヶ月後、エリカは両親の家に移り住むが、そこに見知らぬ男が現れる。男はエリカの母親が自分の母親、すなわちエリカの兄だというが、エリカは当惑して追い返す。そして数日後、兄を名乗る男の死体が発見される。母親の日記とナチスの勲章をみつけたエリカは、真相を探り始めるが、関係者とおぼしき人物が次々と殺されていく。というわけで、次第に母親の秘密に迫っていく展開だが、第2次世界大戦中のスウェーデンとドイツ、ノルウェーの関係が背景にある。スウェーデンは、ナチス・ドイツに常に脅かされながらも、中立国という立場を死守した。
81e86zi71l_ac_sy879_

 

« 探偵クレア 白蘭の女 | トップページ | タカハシ EMー200 TEMMA3赤道儀 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探偵クレア 白蘭の女 | トップページ | タカハシ EMー200 TEMMA3赤道儀 »