« 竜閑さくら橋 | トップページ | オールドMac miniホームサーバ化 »

2020年8月11日 (火)

ペルセウス座流星群

 毎年8月13日頃に極大を迎えるペルセウス座流星群は、夏の最大の天文ショーだ。スイフト・タットル彗星を母天体とするこの流星群は、多い年だと1時間あたり100個以上もの流星が出現する。今年の極大は12日22時頃で、12日夜から13日未明にかけてが最も見頃だ。流星群の流星は、空の一点(放射点という。ペルセウス座流星群の放射点はペルセウス座にある)を中心に放射状に出現するが、あちこちに現れるので、できるだけ空全体を見るようにするといい。寝転がって見るのが一番だ。天体望遠鏡や双眼鏡もまったく不要だ。12日の晩は下弦の月があり、これがジャマだが、ペルセウス座流星群の流星は明るいものが多いので、田舎なら数十個は見られるかもしれない。観望の際は虫よけを忘れずに。

Perseids

« 竜閑さくら橋 | トップページ | オールドMac miniホームサーバ化 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 竜閑さくら橋 | トップページ | オールドMac miniホームサーバ化 »