2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2020年9月の星空 | トップページ | LIFE 3.0 人工知能時代に人間であるということ »

2020年9月 1日 (火)

死刑台のエレベーター

 マイルス・デイヴィスが音楽を担当した映画「死刑台のエレベーター」は、フランス ヌーベル・ヴァーグ初期の代表作の一つだ。パリの高層ビルにある土地開発会社に勤めるジュリアン・ダヴェルニエ(モーリス・ロネ)は、社長夫人のフロランス・カララ(ジャンヌ・モロー)と愛人関係にあった。2人は社長を自殺に見せかけて暗殺する完全犯罪を計画、ダヴェルニエは首尾よく実行する。しかし、侵入用ロープを置き忘れ、現場に戻ろうとしたところでビルの電源が切られ、エレベーターに閉じ込められてしまう。しかも、ダヴェルニエのクルマが不良少年に盗まれ、挙げ句の果てにその不良少年は、ダヴェルニエの名をかたって殺人を犯してしまう。姿を消したダヴェルニエを探して、夜のパリをさまようフロランス。マイルスのトランペットが、パリの暗闇に響き渡るのが実に印象的だ。

51fj5keny5l_ac_

« 2020年9月の星空 | トップページ | LIFE 3.0 人工知能時代に人間であるということ »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年9月の星空 | トップページ | LIFE 3.0 人工知能時代に人間であるということ »