2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 水星が東方最大離角 | トップページ | ガガーリン 世界を変えた108分 »

2020年6月 6日 (土)

メビウス

 メビウスの輪は数学に出てくる有名な図形だ。帯をひねってつなぎ合わせると、表と裏を区別できないリボンができあがる。フランスなどの映画『メビウス』は、ロシア連邦保安庁(FSB、KGBの後継組織)のスパイがCIAの女スパイと恋に落ち、運命を翻弄されてしまう物語だ。FSBのモイズ(ジャン・デュジャルダン)は次期長官と目されるチェルカチンの秘蔵っ子で、ロシア人実業家ロストフスキー(ティム・ロス)のマネーロンダリングを調査していた。ロストフスキーはチェルカチンの支援者だったが、次期FSB長官の座を確実にしたいまとなっては、邪魔な存在でしかない。モイズは、ロストフスキーの資金を扱うアメリカ人女性ディーラーのアリス(セシル・ドゥ・フランス)に目をつけ、自らのスパイとして働かせようとするが、あらぬことか、2人は恋に落ちてしまう。というわけで、スリリングな展開が続くのだが、当然のことながら、2人を待っていたのは非情な現実だった。やはりスパイの世界は非情だなぁ。

919s6qnwyil_ac_sl1500_

« 水星が東方最大離角 | トップページ | ガガーリン 世界を変えた108分 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水星が東方最大離角 | トップページ | ガガーリン 世界を変えた108分 »