2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 二十間道路桜並木 | トップページ | パーフェクト・センス »

2020年5月 7日 (木)

ペリカン文書

 アメリカの作家ジョン・グリシャム原作の映画「ペリカン文書」は、ロースクールに通う女子学生が、最高裁判事連続殺人事件の真相を推理した文書を書いたばかりに、何者かに命を狙われる物語だ。ある日、最高裁判事2人が、立て続けに殺害されるという事件が発生する。いまはロースクールの教授を務めるトーマス・キャラハン(サム・シェパード)は、殺されたローゼンバーグの弟子だった。ローゼンバーグの死にショックを受けたキャラハンを見て、彼の教え子で恋人でもあるダービー・ショウ(ジュリア・ロバーツ)は、真相を推理した「ペリカン文書」を作成、キャラハンに提出する。ローゼンバーグの葬儀に出席するためにワシントンを訪れたキャラハンは、同窓生のFBI法律顧問ヴァーヒークと会うが、その際「ペリカン文書」を手渡す。「ペリカン文書」はその後FBI長官、大統領首席補佐官、そして大統領へと手渡されるが、その数日後、ショウの目の前でキャラハンが爆死してしまう。身の危険を感じたショウは、ワシントン・ヘラルドの敏腕記者グレイ・グランサム(デンゼル・ワシントン)に助けを求めるのだった。それにしても、国家の闇に迫る文書を無邪気に書くなんて、危ない危ない。

514ihtk4mzl_ac_

« 二十間道路桜並木 | トップページ | パーフェクト・センス »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二十間道路桜並木 | トップページ | パーフェクト・センス »