2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« UFO | トップページ | アトラス彗星 »

2020年4月30日 (木)

2020年5月の星空

 新型コロナウイルスのせいで今年のGWはSTAY HOME週間となってしまった。いつもなら北海道で天体写真撮影を楽しむところだが、ウイルスに文句をいってもしょうがない。天文ファンにとっては、コロナというのはなじみ深い言葉だが、いまや悪の権化みたいな言葉になってしまった。それはともかく、今年はハイテク製品を駆使して、光害だらけの都会で電視観望でもやってみようかな。久しぶりの大彗星になるかもと期待されたアトラス彗星(C/2019 Y4)は分裂し、明るくなることはなさそうだ。月は1日上弦、7日満月、14日下弦、23日新月、30日上弦だ。6日はみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎えるが、満月直前なので観測は難しい。宵の明星 金星はどんどん日没後の高度を下げ、太陽に接近していく。その途中、22日には水星と大接近する。普段、なかなか見つけにくい水星を見るチャンスだ。明け方の南東の空では、木星と土星が接近している。特に13日には、月と木星、土星が、双眼鏡で同一視野に入るほど大接近する。春は銀河撮影の好機だ。ただ、銀河の光はかすかなので、光害のない田舎じゃないと撮影は難しい。国立天文台HPより。

Skys_20200429105801

« UFO | トップページ | アトラス彗星 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« UFO | トップページ | アトラス彗星 »