« 小惑星から飛来した火球 | トップページ | 電子観望① »

2020年1月22日 (水)

ベテルギウス

 オリオン座の1等星ベテルギウスは、いつ超新星爆発を起こしてもおかしくないといわれているが、昨年暮れからかなり暗くなっていて、超新星爆発の前兆ではないかと話題になっている。どれくらい暗くなっているかを確かめるため、2014年1月5日に撮影した画像と2019年12月29日に撮影した画像とを比較してみた。撮影条件が違うので、直接2枚の写真を比較するのではなく、ベテルギウス(左上)とリゲル(右下の1等星)、またはベテルギウスとベラトリックス(右上の2等星)とを比較するといいが、確かに暗くなっているのがわかる。2014年のベテルギウスはリゲルと同じくらい明るいが、2019年のベテルギウスは暗く、ベラトリックスよりほんのちょっと明るいくらいだ。まあしかし、いつ超新星爆発を起こすかはわからない。

Collage_fotor

« 小惑星から飛来した火球 | トップページ | 電子観望① »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小惑星から飛来した火球 | トップページ | 電子観望① »