2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 | トップページ | 2020年1月の星空 »

2019年12月27日 (金)

誰でもない女

 かつてナチスドイツは、ドイツ民族増加のためレーベンスボルン(生命の泉)という収容所を設置したそうだ。レーベンスボルンはドイツ国内のみならず、ノルウェーでも設置され、ドイツ兵とノルウェー人女性との間に生まれた子どもが大勢いたという。映画「誰でもない女」は、そのレーベンスボルン出身の女の運命を描く物語だ。カトリーネ(ユリアーネ・ケーラー)は出生後に母親から引き離され、東ドイツの施設で育てられたが、東ドイツからの脱出に成功、ノルウェーで家族とともに平和な日々を送っていた。そんな中、ベルリンの壁が崩壊、まもなくカトリーネのもとに1人の若い弁護士がやってくる。その弁護士は、ドイツ兵の子どもを産んだ女性たちを迫害したノルウェー政府に対する訴訟の証人を探していた。しかし、カトリーネはこれを拒否、ドイツへと向かう。実はカトリーネは、母親や夫にもいえない秘密を抱えていた。スパイものの愛好家にはピンとくるだろうが、東ドイツといえばシュタージ(国家保安省)による相互監視社会として有名だろう。歴史の表舞台に登場しない無名の人々の中には、このような悲劇に見舞われた人もいたのかもしれない。

81q682y7gjl_ac_sl1429_

« Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 | トップページ | 2020年1月の星空 »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 | トップページ | 2020年1月の星空 »