2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 三鷹・星と宇宙の日2019④ | トップページ | 三鷹・星と宇宙の日2019⑥ »

2019年11月 3日 (日)

三鷹・星と宇宙の日2019⑤

 国立天文台三鷹キャンパスで開催された「三鷹・星と宇宙の日2019」に行ってきた。いまは天文台歴史館となっている大赤道儀室は、1926年完成の大型ドームだ。ドーム内にあるのはドイツ・ツァイス製の65㎝屈折望遠鏡で、屈折式としてはわが国最大口径を誇る。焦点距離が10mもあるので、観測床がエレベーターのように上下し、望遠鏡がどんな向きになっても観測できるようになっていた。この日は1882年の大彗星のスケッチが展示されていたが、この大彗星は太陽をかすめる軌道を持つサングレーザーで、満月よりも明るくなったという。

Img_3292

« 三鷹・星と宇宙の日2019④ | トップページ | 三鷹・星と宇宙の日2019⑥ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三鷹・星と宇宙の日2019④ | トップページ | 三鷹・星と宇宙の日2019⑥ »