2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け | トップページ | サンタランドツリー »

2019年11月27日 (水)

2019年12月の星空

 だんだん寒さが厳しくなるが、冬の星空は格別の美しさだ。夏の星座が沈もうとする頃、東の空には冬の王者オリオン座が昇ってくる。月は4日上弦、12日満月、19日下弦、26日新月だ。15日にはふたご座流星群が極大を迎えるが、満月過ぎの明るい月があるので、条件は悪い。ふたご座流星群は、ペルセウス座流星群に勝るとも劣らぬ出現数を誇る流星群だ。26日にはアラビア半島から東南アジア、グアムにかけて金環日食が見られるが、日本では半分近くが欠ける部分日食となる、日食の観測は目を痛める可能性があるので、日食メガネを使うなど慎重にやろう。なお、東日本では、太陽が欠けたまま沈む日没(日入)帯食となる。日没後の西の空低く、金星が宵の明星として輝き始め、だんだんと高度を上げていく。29日には月と金星が大接近し、南極地方では金星食が見られる。今年の年末年始は月が早く沈むので、星野写真撮影のチャンスだ。国立天文台HPより。

Skys_20191127074101

« スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け | トップページ | サンタランドツリー »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け | トップページ | サンタランドツリー »