2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 天文学と印刷 | トップページ | 新星座巡礼・秋の星空⑬ ぎょしゃ座 »

2018年12月 7日 (金)

新星座巡礼・秋の星空⑫ おうし座

 秋も深まる頃、薄明が終わると東の空にはプレアデス星団(すばる)が昇っている。空の暗いところでは6〜7個の3〜4等星がごちゃっと固まり、青白い光でボッーと輝いて見えるが、都会でもいくつかの星が見える。そして、そのプレアデス星団の後を追うように、おうし座の1等星アルデバランが昇ってくる。アルデバラン周辺もV字型に星が集まっていて、これはヒアデス星団と呼ばれている。銀河系の渦状腕は何本かあると考えられているが、太陽系が属しているのがオリオン座の方向にあるオリオン腕だ。おうし座やオリオン座に明るい星や星団星雲が多いのは、そのためだろう。神話では、おうし座はゼウスがエウローペーに近づくために化けた牛、プレアデス星団はプレイアデス7姉妹として登場する。
2018年9月12日撮影 キャノンEOS60Da+キャノンEF24㎜、露出120秒、ケンコープロソフトンA使用

Img_1637

« 天文学と印刷 | トップページ | 新星座巡礼・秋の星空⑬ ぎょしゃ座 »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新星座巡礼・秋の星空⑫ おうし座:

« 天文学と印刷 | トップページ | 新星座巡礼・秋の星空⑬ ぎょしゃ座 »