2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 六義園 | トップページ | 2001年のしし座流星群② »

2018年11月17日 (土)

2001年のしし座流星群①

 テンペル・タットル彗星を母天体とするしし座流星群は、毎年11月17日頃に極大を迎える。今年は18日8時頃が極大なので、18日未明が見頃だ。最近の活動は低調で、1時間当たり5個程度と予想されているが、1世紀に1〜2回は大出現を繰り返していて、最近では2001年11月19日未明に大出現した。しかも、それまで流星群の予測は難しかったが、ダストトレイル理論という新しい予測方法が提唱され、見事に大出現の予測が的中したのだ。ぼくも北海道で写真撮影に臨んだが、実際に流星が出現し始めたのは2時ぐらいからだったろうか。その後ものすごい数の流星が流れ、大興奮したものだった。この写真はシリウス周辺を狙ったもので、2つの明るい流星を捉えた。
2001年11月19日撮影 アサヒペンタックスSP+スーパータクマー50mm

Fh030020

« 六義園 | トップページ | 2001年のしし座流星群② »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2001年のしし座流星群①:

« 六義園 | トップページ | 2001年のしし座流星群② »