2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ペルセウス座流星群 | トップページ | ツーリスト »

2018年7月 4日 (水)

アメリカを売った男

 東西冷戦の時代、二重スパイ(ダブルエージェント)はかなり多かったようだ。アメリカでは二重スパイがたびたび逮捕され、世間を騒がせている。FBIのベテラン捜査官でありながら、20年間にわたって旧ソ連やロシアに機密情報を売り渡していたロバート・ハンセンもその1人だ。この事件を映画化した「アメリカを売った男」は、地味だがなかなか真に迫った作品だ。クリス・クーパー演じるハンセンは相当な変人で、上司にも友人にもしたくないような人物だが、FBIはハンセンを極秘に監視するため、若き訓練捜査官エリック・オニール(ライアン・フィリップ)をハンセンの補佐につける。始めはほとんど何も知らされず、組織に不信感を持つオニールだったが、ハンセンに対しFBIが大がかりな捜査をしていることを知らされ、家庭崩壊の一歩手前に至りながらも任務を遂行する。二重スパイの動機はほとんどがカネなんだろうが、ハンセンの場合は何だったのだろうか。

51py4hviy3l

« ペルセウス座流星群 | トップページ | ツーリスト »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/66899335

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカを売った男:

« ペルセウス座流星群 | トップページ | ツーリスト »