2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 天体写真撮影用レンズ⑥ | トップページ | 天体写真撮影用レンズ⑧ »

2018年5月26日 (土)

天体写真撮影用レンズ⑦

 キャノンEF100㎜ F2 USMは1991年発売、6群8枚構成の中望遠レンズだ。APSーCサイズのイメージセンサーを搭載する一般的なデジカメでは、35㎜フルサイズの160㎜に相当する。このレンズはまだモデルチェンジしておらず、いまでも製造している。これくらいの中望遠レンズだと、大きな星雲星団銀河ならけっこう見栄えのする写真を撮影できるし、オリオン座大星雲と馬頭星雲とが同じ構図に入る。これより長い135㎜や200㎜の望遠レンズもフィルム時代には一般的だったが、いまはミニボーグがあるのでいらないと思う。

Ef302_b

« 天体写真撮影用レンズ⑥ | トップページ | 天体写真撮影用レンズ⑧ »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体写真撮影用レンズ⑦:

« 天体写真撮影用レンズ⑥ | トップページ | 天体写真撮影用レンズ⑧ »