2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« トランスポーター イグニッション | トップページ | 戦国街道を歩く »

2018年4月30日 (月)

2018年5月の星空

 いよいよGWだが、GW中は満月前後の明るい月が輝いているので、星雲星団銀河の撮影には不向きだ。6日にはみずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎えるが、これも条件が悪い。みずがめ座η群は母天体がハレー彗星で、10月に極大を迎えるオリオン座流星群もハレー彗星を母天体としている。9日には木星が衝(太陽と正反対の位置)となる。衝の時期は一晩中沈まず、地球との距離も最も近いため、観測には非常に適している。小望遠鏡でもガリレオ衛星や木星本体の縞模様が見えるので、土星と並んで人気の惑星だ。15日は新月なので、その前後は星雲星団銀河ファンにとって待望の時期だ。おおぐま座、りょうけん座、しし座、かみのけ座、おとめ座周辺には系外銀河がたくさんあり、撮影にはいくら時間があっても足りないくらいだ。夜中には夏の天の川も昇ってくるので、星景写真撮影もいいだろう。国立天文台HPより。

Skys

« トランスポーター イグニッション | トップページ | 戦国街道を歩く »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/66665986

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年5月の星空:

« トランスポーター イグニッション | トップページ | 戦国街道を歩く »