2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 利己的な遺伝子 | トップページ | 「スター・ウォーズ」を科学する »

2018年3月27日 (火)

ジャスティス・リーグ

 映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で、スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は壮絶な死を遂げる。そのスーパーマン亡き後の世界に、宇宙から侵略の魔の手が迫っていた。かつて、地球征服を企み撃退されたステッペンウルフが、各地に散らばった3つのマザー・ボックスをそろえ、再び地球征服に乗り出そうとしていたのだ。バットマン(ベン・アフレック)とワンダーウーマン(ガル・ガドット)はこの危機を察知、超人たちをジャスティス・リーグにスカウトし、ステッペンウルフに立ち向かおうとする。集められたのはアクアマン、フラッシュ、サイボーグといった面々。いずれもオンリーワンな能力を持った超人たちだ。しかし、ステッペンウルフの力は強大で、この5人をもってしてもなかなか倒すことはできない。というわけで、待ちに待ったスーパーマンの復活だ。はじめは記憶障害でバットマンらを敵と見なしてしまうが、恋人ロイス・レインのおかげでそれも解決、圧倒的な力で人類を滅亡の危機から救う。今のところ映画ではマーベル・コミックのアベンジャーズが先行しているが、DCコミックスのジャスティス・リーグもどんどん追い上げてほしいもんだ。

91epqjwfzl_sl1500_

« 利己的な遺伝子 | トップページ | 「スター・ウォーズ」を科学する »

音楽、映画、読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/66543017

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスティス・リーグ:

« 利己的な遺伝子 | トップページ | 「スター・ウォーズ」を科学する »