2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 皆既月食合成写真 | トップページ | 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) »

2018年2月20日 (火)

皆既月食撮影機材

 今回の撮影機材は、10年前のキャノンEOS Kiss Digital X+ミニボーグ45EDⅡ+レデューサー0.85×DG。架台はBENRO三脚+ポータブル赤道儀ナノ・トラッカー+ボーグ片持ちフォーク式赤道儀。ベランダから撮影したが、北極星が見えないので、方位磁針で極軸合わせをした。かなりおおざっぱだが、露出時間がせいぜい数秒なので、これでもなんとかなる。なお、方位磁針は、日本ではだいたい西にずれる。東京でのずれ(偏角)は約7度だ。これを補正するとより正確になる。真冬なので、レンズヒーターは必須だ。EOS Kiss Digital Xはライブビューもバリアングル液晶モニタも装備してないので、ファインダーをのぞいてピント合わせをしなければならないが、高度が低いときはともかく、高度が高くなるとほとんど拷問のような姿勢になる。おかげで首がおかしくなった。

Img_0834

« 皆既月食合成写真 | トップページ | 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) »

天体写真、天文学、科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594123/66413369

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食撮影機材:

« 皆既月食合成写真 | トップページ | 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) »